スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料・2

2006年09月04日 11:32

新王「レーヴィル」
 
 後に、十二宮を従え国を平和に導く偉大な王と呼ばれる。
現在はまだまだ、ひよっこの14歳。

 名前が思いつかなかったので、近くにおいてあった、
「エッダ」の本に載っていた海王から拝借。
※ついでに、フルグラームの「エルド」も・・・・・、意味は「剣」です。
 というかギルドの誰かの名前を使おうかとも思ったのですがー。

「~王」と言ったとき、しっくり来る人がまったくいませんでしt (スイマセン


再び、フルグラームについて 
資料一を見たらわかるのですが、年齢配分間違ってるなーといまさら気づいた罠。
現在進行中のフルグラームは23歳ですがペイドの領主だし・・・。

ならばこうしよう!

26歳のとき、完全にペイドを征服・・ではなく、統治したということで。


他、途中たた内容が変更される可能性大ですので、あてになさらず (マテ


6/21 更新

ゼオバリエについて・・・(オリジナルキャラ
悪魔の中でもかなり階級は低いが、金に対する欲は誰よりも深いことで煉獄でも有名。

あだ名が「金の悪魔」または「金の魔夢」。

特徴的な外見は、(見た目は豪華だが、中身はスカスk)
 主に、王冠を突き破ってでた右角、背中に生えた黒い翼だ。

ちなみに、完全消滅はしておらず、煉獄の最下層逝きとなった。


ララトについて・・・(オリキャラ
性別は、この名前だからといって、女ではない!男ですよ。

かなりあっけなく死にましたが、まぁ、こんなものです。

死亡時の年齢ですが、26歳。

タタル族、族長の2番目の息子です。

兄は、すでに亡くなっていたため、長の期待も彼に。

弟がいるのですが、かなりの軟弱さんらしい。

タタル族一の戦士としての誇りを守るため、ゼオバリエと契約した訳ですが、
 
結局はそれも間違った形だった訳で・・・、多くの同胞が死んで逝き、
 タタルの一族は、この後、安寧を求め谷を去ったとか。


サージェム国について・・
魔法大国として、その名を轟かせている。

とある東の島国「和国」と友好関係にある為、姫君の名も和国から譲ってもらった。

サージェム人の特徴、金髪&蒼の瞳


奈央について・・・
サージェム国王の一人娘(姫) この時10歳

一人称「私」わたくし。 口癖「~ですわ。」など

かなりの箱入り+高飛車だが、いい所もある(あるはz

見た目は、確かに可愛いが、口は災いの元という。(もう何も言うまい。


双子について・・・
ボンボリーニ、モンモリーニ(モンモニーニかも? どっちでもいいがな!投

モヒカンとアフロだったか?(もう曖昧   資料がないYO

サージェム国一番の、シンクロ率の高い双子として有名。

この頃は、ライバルとまだ出会っておらず、平穏な日々を送っているが。

一応、国王の命があれば、暗部として諜報もする。

当時12歳。(まだまだ若い  


カフェル・O・レイン (読み:かふぇる・おーるど・れいん)
オリジナルのキャラです。

笑顔がにくい好青年です。 若干16歳にして国内最強の魔法師との噂。

方々を回って人々を助けたりと、かなりいいことをやってる人です。

影の噂ではあまり良くない話もあがってますが、真偽はいかほどに・・・。

大臣らの呼び声で(渋々)、宮中に呼ばれ、国王の治療に当たっている。

ファーム・ドルトナ(オリキャラ
年齢10歳、レインに魔法の才能を見出され、共に方々を回っていた少年。

おどおどとしていつも何かに怯えている。

けれどレインの話だと、口調も普通に・・・。

双子曰く「やばそう」な気配の持ち主だが・・・・・・・・さて、どうかな?


9/4 更新
父王について・・・
奈央さまのお父様こと、
「クルセスタ・K・サージェム11世」(K=キーラと読む)
現在48歳、幽閉に近い形で、離宮で病に臥せっている。
 一人娘を甘やかした張本人(ぁ

奥様はすでに亡くなっておられます。
 奈央さまに寂しい思いをさせている事を、わかっている為、
会えた時は大変喜んだ訳ですが・・。
 
自身の死期が近いことを悟っている為、
奈央さまに真実を伝えようと思っているとところ・・。

伯母上について・・・
奈央さまのお父様のお姉さまです。(歳は15歳差とだけ。
名前「ルスタ・サージェム」、現在は離宮(父王とは反対の方)に住んでいますが、中々外出を許されなかった為、奈央様とも会えず・・。
 
しかし、元おてんばだったので、脱走はお手の物です。
とは言いますが、レインが張った防御結界が、この日に限って、
運良く外れていた為出てこられたというだけの話です。

普段は優しさに満ち溢れている為、国民による支持は圧倒的に高い。

優しい伯母上ですが、レインに対する不信感は拭いきれないようで、
何度か、大臣達に警告もしていますが、聞き入れてもらえず。
日々、奈央さまと父王のことを心配しています。


 
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。