スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

資料・1 (基本的な資料?

2006年09月04日 11:26

黄道十二宮より

牡羊座 アリエス(Aries)  理想 白羊宮 3/21~4/20
牡牛座 タウロス(Taurus) 陰謀 金牛宮 4/21~5/21
双子座 ジェミニ(Gemini)  暗殺  双子宮 5/22~6/21
蟹座 キャンサー(Cancer) 修復  巨蟹宮 6/22~7/22
獅子座   レオ(Leo)    野望  獅子宮 7/23~8/23
乙女座 ヴァルゴ(Virgo)  転生  処女宮 8/24~9/23
天秤座 リーブラ(Libra)  均衡  天秤宮 9/24~10/23
蠍座 スコーピオ(Scorpius) 現実 天蠍宮 10/24~11/22
射手座 サジタリウス(Sagittarius) 真実 人馬宮 11/23~12/21
山羊座 カプリコーン(Capricornus) 統治 麿羯宮 12/22~1/20
水瓶座 アクエリアス(Aquarius) 再生 宝瓶宮 1/21~2/19
魚座 パイシーズ(Pisces)       信仰 双魚宮 2/20~3/20


『王と十二宮』の著者、フルグラーム卿について・・・

 アルタミリア国、首都ガルヴィナの生まれで、公爵家の長男。
27歳の時、東の領地ペイドの統治を王より任命される。

ペイドは、安定している領土として、王の信頼を得ている。
 祖国を愛し、忠義に篤い為、争いの続く今の世をなんとかしたいと思っている。

王のために、真の王と守護者を探す日々を過ごしていた時の事、
 王の至急の連絡により、守護者の一人と出会い、
  その後、真の王と巡り会うこととなる。

本名、エルド・フルグラーム

 46歳の時、「王と十二宮」の本を完成させることとなる。

『世界』について・・

創造神ヴァーデが作った世界と言われているため、彼の名が付いている。

ヴァーデ・エルミテ

エルミテとは、「~の世界」または「~の意思」という意味。


広大な大陸を支配する六つの大国

・帝国グラステス 帝都オルファーナ
・大国レグマラ   王都ハクアロ
・ロマリア国    神都エルナオーサ  (中立国)
・アルタミリア国  首都ガルヴィナ
・サージェム国  首都キーサル
・フェテアル国   首都フェテト  (もっとも小さな国)

※上から広大な土地を持ち、力のある国の順。(神都は例外)


『信仰』について・・・

ヴァーデ・エルミテには、数多くの神々が住んでいるとされ、
神都では、ヴァーデをもっとも崇拝しているが、他の神についても信仰している。

他の神のみを信仰しているのは、ごく少数であり、もっとも有名な所は、
アルタミリア国にある、大聖堂ファーテである。
 平和と祈りの神、ファフトのみを信仰している。


『現王』について・・・

本名は、「ナーザル・S・アルタミリア」である。
 「アルタミリア」は、その国の王を証明するもの。

先代の王の時代の異名 「鮮血の双剣」と恐れられていた。
 かつての役職は、将軍。

※アルタミリア国では、王の座につけるのは、王族と決まっておらず、
   一般からの公募も行っている。


『ケファルの谷』とは・・

2種類の少数、部族が左右の谷に分かれて暮らしている。
昔は、それなりに族長同士の交流もあったようだが、
 現在争いが絶えない状況となっている。

右に、タタル族。  左に、アスタ族。

言葉の違いはないが、衣装や肌の色、目と髪の色、信仰も異なる。

・タタル

衣装:主な色は赤やオレンジ
肌の色:褐色
目の色:グレー
髪の色:淡い赤
信仰:大地の神「グウェル」

・アスタ

衣装:白を基調に色とりどり
肌の色:小麦色
目の色:赤銅
髪の色:金色
信仰:風の神「ファウェル」


第一の守護者「クロセル」について・・(個人的意見が多い マテ

天秤座です。(中の人の誕生日だからとかそんな理由です)
 外見年齢は、12~14くらいです。
銀髪、青い目、能力を使うと、金に変化するという設定です。
 一人称は「俺」。

ちなみに、武器は「剣」 出し入れ自由な設定 ぁ
 氷か、闇ーな剣かは、悩みどころ・・・。

~性格~
独創的、一言で言うなら、「自由奔放」
人間関係を大事にする余り、時に優柔不断な性格が見え隠れする。
多少(?)頑固なところもあるかもしれない。
クールでいようと思っていたが、仲間内だといいボケっぷりを披露している。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。